西島悠也の福岡にいるなら行くべき岩盤浴

西島悠也|お風呂と違った快感

岩盤浴にはお風呂にはない快感がある。
まずは入浴と岩盤浴との違いを紹介しよう。

 

岩盤浴とは、温めた天然石や岩石の上で体勢を変えたり、休憩をはさんだりしながら60〜90分ほど横になる入浴方法のことだ。入浴とは異なり、ゆっくりと体を温めていく。
約40〜50℃に熱せられた平らな岩盤にタオルなどを敷いて横になるためリラックス出来るだろう。
-
入浴は外側から温められるのに対し、岩盤浴は体の内側からじんわり温められて汗が出る。

 

そして岩盤浴ではマイナスイオンの働きにより、汗を超微粒子化する作用があるためサラサラの汗が出るのだ。
また、マイナスイオンが体内に入り代謝を促進するため、内蔵機能も活発になり、便秘にも効果的。
-
代謝がよくなることで、肌のターンオーバーと言われる肌細胞の生まれ変わりが正常になるため美肌効果も岩盤浴にはある。
岩盤浴を継続することで自律神経の調子が整い、不眠症や冷え性、神経痛の改善も期待できるだろう。

 

岩盤浴は入浴よりも、リラックス出来るのでオススメだ。

page top